テクノロジー系女性のための奨学金

背景

世界経済、産業、科学はますますデジタル化されており、これらの発達は社会と私たちの身近な社会的プロセスを混乱させている。しかし、女性は情報テクノロジーや他のSTEM分野(学術、技術、工学および数学の分野)では依然として過小評価されている。男女共に平等な機会がある世界を構築するために、女性はテクノロジー及びテクノロジー開発において積極的に役割を果す必要がある。「国際ゾンタテクノロジー系女性のための奨学金」は女性がテクノロジー分野の教育や機会を追及し、この分野でリーダー的役割を果すことを促すものである。ゾンタの百周年の2年間に、このパイロット・プログラムを開始することは、将来を指向し、国際ゾンタを将来を見通した団体として位置づけるのにも貢献する。

資格

  • 情報テクノロジーの学位、または密接に関連したプログラムを履修し、その分野で顕著な可能性を示す女性で、ゾンタの地区/地域に居住し、研究をする女性。
  • 大学に在籍していない女性でも以下を提出する限り資格がある:
    • 修了した研修と優れた成績を証明するもの
    • 現在の仕事の説明。その仕事に至る道のりについての情報を付記する
    • 雇用者の確認書と推薦書
    • 応募の理由と希望する仕事の説明。
  • ゴールデンZクラブの会員は応募できる
  • Classified会員と国際ゾンタ及び国際ゾンタ財団の従業員、及びこれらの家族は資格がない。

基準

  1. 学業成績
  2. エッセイ
  3. ボランティア活動

奨学金の額

パイロット・プログラムとして奨学金は2018-2020年度に1回授与される。

  • クラブ:クラブ賞としてクラブが授与する。額はクラブが決定する。
  • 地区/地域:奨学金数 32 一人US$2,000
  • 国 際:奨学金数 6 一人US$8,000

このパイロット・プログラムを開始するにあたり、国際ゾンタ財団理事会は総計US$112,000の資金をローズ基金から支出することを承認した。